HOME>事業概要&サポート体制

コンベンション開催支援・各種手配など事業概要&サポート体制

きめ細やかなサービスでまちをあげてバックアップいたします。

1.コンベンションの開催や、ゼミ合宿をご検討されていたら…

一般社団法人 飛騨・高山観光コンベンション協会にご一報下さい。

飛騨地域のコンベンション施設の情報提供

会議場、ホール、展示場などコンベンション施設の概要を 説明した資料をご提供いたします。

飛騨・高山の情報提供

飛騨・高山地域の情報をパンフレット、ビデオ等でご提供いたします。

視察の受け入れ

コンベンション施設の候補会場の下見等、ご要望がありましたら手配、ご案内をいたします。

2.飛騨・高山での開催を決定していただいたら・・・

開催補助金の申請 (申請には一定の要件が必要です。詳細は事前にお問合せ下さい。)

コンベンション国内大会
(会期2日以上のスポーツ大会も対象)
50人以上の会議・大会 …… 参加者数に応じて交付。
(参加者数÷10×1万円端数切捨て)
最高100万円。
コンベンション国際大会 50人以上の会議・大会 …… 参加者数に応じて交付。
海外からの参加者は1名につき10,000円。最高200万円。
大学等のゼミ合宿 10人以上のゼミ …………… 参加者1名につき1,000円。最高20万円。

※岐阜県内の参加者は、高山市・飛騨市・下呂市・白川村を除きます。
※以下の条件のいずれかに該当するコンベンションが補助対象となります。

  • ・会期が2日以上のもの
  • ・県外参加者の割合が3分1以上のもの
  • ・ブロック(東海・中部等)大会以上の規模のもの

※以下の条件に該当したゼミが補助対象となります。

  • ・飛騨地域以外の大学、短期大学、専修学校
  • ・指導者が同行

高山市内で開催されるコンベンション、ゼミ合宿につきまして、高山市が設けています開催補助金制度の申請についてお手伝いいたします。
→コンベンション開催助成金制度を申請する場合の流れ(一例)

会場の手配・施設使用料の減免申請

(1)会場の仮予約などの手配をお手伝いいたします。

(2)当協会を通じて会場の申込みをいただきますと、会場使用料が最大で半額になる減免措置が受けられます。

■減免例
高山市民文化会館 大ホール(約1,300人収容)、
小ホール(約400人収容)
および50名〜270名の分科会4会場を平日に一日使用した場合。
123,900円⇒61,950円
(冷暖房及び付属設備費別)
飛騨高山ビッグアリーナ メインアリーナ(約4,000人収容)
を一日使用した場合。
210,600円⇒105,300円
(冷暖房及び付属設備費等別)

※上記につきましては、該当しない場合がありますので、当協会にお問い合わせ下さい。

3.コンベンション開催までのご支援をいたします

関連業者の紹介

コンベンションを円滑に運営するため会議運営、看板装飾、飲食、印刷等の関連業者をご紹介いたします。

宿泊施設の紹介

ホテル、旅館、民宿等ご要望の宿泊施設をご紹介い たします。

関係機関との連絡調整

行政等への後援名義・あいさつの依頼や地元報道関係へのPRなどの連絡調整をいたします。

エクスカーション等の企画・手配

飛騨地域の工場見学やエクスカーション、同伴者プログラムの企画・手配をいたします。

アトラクションの企画・手配

飛騨地域の郷土芸能等のアトラクションの企画・手配をいたします。

4.コンベンション本番を迎えたら

ボランティアの手配

国際会議等に必要な語学通訳ボランティアや会場ボランティア、観光案内ボランティアの手配をいたします。

観光パンフレット・手提げ袋(コンベンションバッグ)の提供

参加者の方が飛騨地域の観光を自由に楽しんでいただけるよう観光案内パンフレットや飲食・土産品店ガイド等を提供いたします。

観光文化施設優待割引券の提供

飛騨地域の主要観光文化施設の入場割引券を提供いたします。

ネームカードホルダーの提供

高山駅改札前に幕の設置

2016年4月1日
一般社団法人 飛騨・高山観光コンベンション協会事務局